2016/05/08

"Jamie Vardy"

5年前まで工場で働いていた男が今やイングランド代表のエースだ。

ジェイミーヴァーディー。
彼は岡崎慎司のチームメイト、レスターのエース。

成り上がってきた強さが彼の眼には宿っているように思う。

 私が彼を初めて知ったのは岡崎への人種差別問題だった。

その時はまだ、彼のような頭の悪い選手と一緒になった岡崎に同情すら感じていた。

だが徐々に彼がゴールを決め、頭角を現していくのにつれて
彼への興味が沸いてきた。

11試合連続ゴールというあのファンニステルローイを超える偉大な記録を作った彼に今は尊敬の念すら覚える。

下から這い上がってきた選手が、プロで結果を残す、そんなサクセスストーリーは日本人だけでなく、海外でも好かれるはずだ。

私も彼のように這い上がりたいし、這い上がらなければならない。

そんな風に強く思わせてくれる彼の活躍がレスターを奇跡の優勝へと導いたのだろう。
今季のパフォーマンスで他クラブからのオファーは増えるだろうが、

個人的には彼には今後もレスターでエースとして君臨してもらい、
2連覇という偉業を達成してもらいたい。

岡崎にはもっとゴールを決めてもらいたい。

とにかくおめでとうレスターシティー。
ついでに、バイエルンも4連覇おめでとう。

0 件のコメント:

コメントを投稿